花修行最終は姨捨の棚田でシャンぺトル実感

古都金沢から発信するアトリエコジーのパリスタイル♪

岡山・金沢・松本…パリ在住の先生方、ヴァンソン・レサール氏&斎藤由美氏の追っかけ行脚、最終地の松本、旅の終わりに選んだのは、シャレのように姨捨駅(笑) 姨捨伝説で侘しいイメージを持っていた姨捨駅ですが、ボランティアの方々がもてなしてくださる、とても温かい駅でした。

b0151911_09040540.jpg
無人駅で普通電車(ワンマンカー)しか止まらない小さな駅ですが、話題はいっぱい。ボランティアの方に色々お話聞きました。

b0151911_09040725.jpg
ここで、お茶とお茶菓子、飛び切りの笑顔でもてなしてくださいました。帰りに寄って写真をと思ったらボランティアの方々にはならお帰りの後でした。

b0151911_09040929.jpg
スイッチバックの駅なので、大きなカメラを構える人がいました。電車がバックするのって楽しい♪

b0151911_09041147.jpg
篠ノ井線です。松本から長野へ向かう鈍行は高校生とミドルエイジの方で案外混んでました。

b0151911_09041383.jpg
こんな珍しい標識を見ながら、教わった通りに踏み切りを2つ通り過ぎて曲がると…

b0151911_09121359.jpg
善光寺平が一望に見えます。そういえば姨捨駅あたりは日本三大車窓のひとつとの事。下の方の棚田だけ、水張りが終わっていました。

b0151911_09121756.jpg
全体的にみると、水張りには少し早く、苗床があったり、草刈りしたり、田植えの準備中でした。

b0151911_09122191.jpg
耕運機の音が山間に響きます。こういう田園風景、心が穏やかになります。

b0151911_09122470.jpg
久しぶりに見る里山、棚田と山々。日本に生まれてよかった。こういう所を教えてくれる友人がいてよかった。


b0151911_09193488.jpg
土壁に這う新緑の蔦が絵のようでした。

b0151911_09193629.jpg
絵心はあまりないけど、水彩画を描きたくなるような風景があちこちに展開しています。自然のコンポジションに勝るものなし。

b0151911_09193883.jpg
善光寺平を一望でき、実はいいお話の姥捨伝説が残る姨捨駅、水張りが終わって夕陽が映える時に行けたらいいなーと思いながら、姨ひとり長野への電車に乗りました。これで一連のパリスタイル修行行脚は終わりましたが、次に大阪で復習する旅が続きます。

↓↓↓ランキングの応援もいつもありがとうございます!!こちら1位の斎藤由美先生の三越レッスン行けなかったよー。
にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーアレンジ教室・販売へ
にほんブログ村
ほぼ毎日更新の励みになっています。

[PR]
トラックバックURL : https://loveukrose.exblog.jp/tb/28306045
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by flowersincozyroom | 2018-05-10 09:00 | 旅日記 | Trackback | Comments(0)