老舗料亭でパリスタイル(2)シャンぺトル&ブーケロン

古都金沢から発信するアトリエコジーのパリスタイル♪

松本での斎藤由美先生のレッスンの素晴らしさに、まだ興奮していますが、金沢の老舗料亭「つば甚」さんでの、ヴァンソン・レサール氏のデモンストレーションに戻ります。

b0151911_09072339.jpg
息をのむような大きな大きな投げ入れのあとは、このブーケ・シャンぺトル、なんてお美しい笑顔、斎藤由美先生はお会いする度に若く、美しくなられています。

b0151911_09150048.jpg
息もピッタリ、とっても楽しそうにブーケを束ねるヴァンソンさん。くるりっと花材を回し、片手で余分な葉を取って、あるべきところへスッとお花を、枝を入れていきます。アシスタントは金山幸恵先生と元研修生の澤田千晴さん。


b0151911_09103922.jpg
はい、出来上がりです。ぴょこんと出た枝がかわいいシャンぺトル、イヴの香りに、ビバーナムのグリーンが美しく、クレマチスのくるりんと、ピンクレースフラワーのふわふわ感がかわいい♪

b0151911_09082157.jpg
見る角度で様々の表情を見せるブーケ、どこから見てもきれいなパリスタイル。まわしてドンドン、エレゴンでこれ!ため息です。とにかく、ブーケを回して、迷わずどんどんエレゴン(エレガント)に。。。ヴァンソンさんの名言です。

b0151911_01300848.jpg
次は、この可憐な鈴蘭を使ったブーケロンです。

b0151911_09090341.jpg
繊細に、繊細に組みあげて行くヴァンソン氏、持ち手もとってもソフトなのがわかりますか?

b0151911_09092420.jpg
はい、出来上がり。え?後ろの方見えない??

b0151911_09093530.jpg
んじゃ、これでどうだい?世界のトップフローリスト、あのルイヴィトンが唯一パリのガイドブックで紹介しているRoseBudのオーナですが、とっても気さくで人格者、全てを尊敬できる方です。

b0151911_09094786.jpg
皆さんが写真を撮れるように、前をずっと移動して見せて下さいます。あの暴れん坊の枝付きスイトピーがこんなに優雅にはいっちゃって、魔法だわ~。

b0151911_09130196.jpg
こんな感じです。スイトピーの蔓もかわいいブーケロン。花器にギューって入れるほどのボリュームなのに窮屈感がないのは何故?お花が集まって踊って歌っている感じがします。

次作もお見せしたいし、それぞれの先生(アシスタントさんも先生で独立して、この素晴らしい花器・グアックスの販売もされています)のリンク先などもご紹介したいのですが、時間切れ、続きは午後に。これから出かけます。

アトリエコジーはyumisaitoparisのパリスタイル(大阪イグレックフルーリストの上質のお花を使います)が学べるマンツーマンのお花教室、もちろんご家族、お友だち同士のプライベートレッスンも可能です。芦屋アイロニー直送のお花を使うパリスタイルも人気です。

↓↓↓ランキングの応援もいつもありがとうございます!!
にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーアレンジ教室・販売へ
にほんブログ村
ほぼ毎日更新の励みになっています。

[PR]
トラックバックURL : https://loveukrose.exblog.jp/tb/28300905
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by flowersincozyroom | 2018-05-08 09:26 | 作品とパリスタイルなど花修行 | Trackback | Comments(0)