お直しなしは講師にとっても最高の喜び

和の街金沢でパリスタイル!芦屋アイロニー、大阪イグレックフルーリストのこだわりの花材でパリスタイルのフラワーアレンジメントを♪アトリエ・コジー主宰の花綴り&日々の楽しいことつづり

とにかく、いろんなブーケをきれいにつくれるようになりたい!そんな方たちの為にご用意した「ブーケ専科」最初はアイロニー花で、ブーケの基礎、お花の持ち方、束ねるスタイルなどを楽しく学んでいただき、本格的パリスタイルのブーケ練習へと移行。最終的にはyumiseitoparisのグランブーケ(大きなシャンぺトルブーケ)が作れるようになっちゃいます。

b0151911_09040547.jpg
しばらくアイロニー花deレッスンをされていて、ブーケ専科に移行されたYさん、アイロニーのお花には手馴れていらしたので初級はパス、中級から学んでいただき、この日は6回目、シャンぺトルブーケからブーケブールへのレッスンでした。シャンぺトルは何点かのアドバイスとお直しをしていただきましたが、ブーケロンではお直し無し!足元まできれいに作っていただきました。

b0151911_09095931.jpg
青木園芸さんの最高品質のアジサイに、秋を感じるディアボロ、夏の暑さを鎮めるような美しい新緑のベビーハンズ、それぞれの特色を活かしながらのシャンぺトルもなかなかの出来。有機栽培の野菜を作り、自然豊かなところにお住まいなので、お花の特性の活かし方がお上手です。

b0151911_09283525.jpg

こちらもお直し無しだったKさんのブーケロン、ディプロマコースなので紫陽花が3本、かなりのボリュームでしたが、うるさくなりがちな枝葉の落とし方もだいぶんマスター出来てきています。花材の中でどのお花をどう生かしていくのか…枝葉の見極め方など、ディプロマコースでは、奥が深いパリスタイルで迷子にならないよう、ひとつひとつ理解を深めていっていただいています。


b0151911_09280422.jpg
こちらはシャンぺトル、枝葉をどこまで落とすか、お花の扱い以上に難しい葉物の扱いを今回は重点的に学んでいただきました。ちょっと難しかったけど、大好きなアジサイに救われ、ご機嫌でレッスンしていただきました。もう終盤に来ているディプロマ生たち、さらに奥深いyumisaitoparisへと進んでいきます。

↓↓↓ため息が出るほどのガラスの芸術はこちらTOPの斎藤由美先生のブログから。
にほんブログ村 花ブログ フラワーアレンジ教室・販売へ
いつも応援ありがとうございます。
[PR]
トラックバックURL : https://loveukrose.exblog.jp/tb/27105627
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by flowersincozyroom | 2017-09-10 09:41 | 生徒さんの作品・生花 | Trackback | Comments(0)

テレビ業界からフラワーアレンジメントの世界へ、アトリエ・コジーのブログです


by らぶ
プロフィールを見る
更新通知を受け取る