お正月飾りとクリスマスリースを作る会

和の街金沢でパリスタイル!芦屋アイロニー、大阪イグレックフルーリストのこだわりの花材でパリスタイルのフラワーアレンジメントを♪アトリエ・コジー主宰の花綴り&日々の楽しいことつづり

昨日、ある生徒さんに「出来たリースを家の中に入れたのに、車に森の香りが残っている」とおっしゃっていただき、とっても嬉しかったです。ふんだんにグリーンを使っていただけるアトリエコジーのリース作り、これからピークに入ります。

b0151911_08571543.jpg
先日、カラボーレーションで色について学んだ仲間たちが集まり、お正月の和のリースとクリスマスリースを作りました。東京や名古屋でのワークショップが多い水引作家「彩結び」の塚谷彩子先生もカラボ仲間なので、WSが実現、なんて運がいいのでしょう。椿や梅を自分で結び水引リースに飾ります。

b0151911_09032251.jpg
去年は日程が合わずにクリスマスリース作りだけになったのですが、今年はメンバー全員が揃って、楽しく作業、来年はパリの雑誌を使って、また5人でカラーの自主学習をすることに決定です。私の作品はローズバッドカラーにしました(^^)

b0151911_09055916.jpg
こちらは塚本先生が作られたクリスマスリースMIYABI、着物、茶道、華道と、彦摩呂さん風にいうと、和のデパートのような塚本先生にMIYABIを選んでいただき、とってもうれしかったです。

b0151911_09082941.jpg
こちらは金澤コラージュ作家生田真理さんの作品。サササッととっても手早くてビックリでした。ナチュラルなのに繊細なリースの完成です。

b0151911_09144472.jpg
こちらの作品は仲谷桂子さん、桂子さんのお仕事、両親へのプレゼント企画マミルは金婚式に是非娘に利用してほしいと思っています(笑)。とっても繊細なデコレーションはお仕事の丁寧さを反映していると思います。

b0151911_09245307.jpg
そして、印象美®という言葉や金澤ジェンヌという言葉を生みだした小西敦子さんの作品は、大胆に企画を生み出す男性らしさが大きさ厚さに現れ、繊細に株式会社WORDROBEのビジネスを進める姿がデコレーションの繊細さに表れていると思いました。

b0151911_09304127.jpg
今後のクリスマスリーズ花材を全て仕入れました。値段も上がって行き、何より品不足で入らなくなったら大変なので…アトリエの階段は森状態、いい香りに包まれて、毎日森林浴しています。

↓↓↓あなたの運命の出会いは?由美先生の運命の出会いはドラマチック過ぎ!ここポチですよん。
にほんブログ村 花ブログ フラワーアレンジ教室・販売へ
温かい愛をありがとうございます。
[PR]
トラックバックURL : http://loveukrose.exblog.jp/tb/27834617
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by flowersincozyroom | 2017-12-08 09:37 | 生徒さんの作品・生花 | Trackback | Comments(0)

テレビ業界からフラワーアレンジメントの世界へ、アトリエ・コジーのブログです


by らぶ
プロフィールを見る