芍薬でブーケ・ド・マリエ

和の街金沢でパリスタイル!芦屋アイロニー、大阪イグレックフルーリストのこだわりの花材でパリスタイルのフラワーアレンジメントを♪アトリエ・コジー主宰の花綴り&日々の楽しいことつづり

もうそろそろ全過程を終了するディプロマ生たちは、yumisaitoparisのブーケドマリエ(ウェディングブーケ)などの最終仕上げに入っています。今週の課題はネトワイエ、胡蝶蘭も思いきってお花を取ってスッキリさせます。

b0151911_12503848.jpg
芍薬、利休梅、万作、そして胡蝶蘭のブーケドマリエ。ワイヤーなど一切使わず、イメージ通りに胡蝶蘭を垂らすところが難しいのです。長さの調整、向きの調整を丁寧に、花びらを傷めず細心の注意を払って仕上げます。

b0151911_12545657.jpg
芍薬は茎も太く、咲いたお花と蕾を合わせるのも、ペアにするものを間違えると重くなったり、表情が無かったり…「最後まで気を抜かず、どこから見ても美しく…」。先生方のお言葉を伝え、しっかりと最後までチェックをしていただきました。

↓↓↓熱い応援いただき、TOP維持ですが、どうも落ち着きません、この位置(笑)。でも出来るだけいたいなー。
にほんブログ村 花ブログ フラワーアレンジ教室・販売へ
温かい愛をありがとうございます。
[PR]
トラックバックURL : http://loveukrose.exblog.jp/tb/26873508
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by flowersincozyroom | 2017-05-22 13:00 | 生徒さんの作品・生花 | Trackback | Comments(0)

テレビ業界からフラワーアレンジメントの世界へ、アトリエ・コジーのブログです


by らぶ
プロフィールを見る