ブログトップ

お花に囲まれて

魔術は使えないけれど…

和の街金沢でパリスタイル!芦屋アイロニー、大阪イグレックフルーリストのこだわりの花材でパリスタイルのフラワーアレンジメントを♪アトリエ・コジー主宰の花綴り&日々の楽しいことつづり

枝ものの魔術師と呼ばれる、パリの、いえ、世界のトップフローリスト、ヴァンソンレサール氏、氏の来日イベントやパリのROSEBUDでその仕事ぶりを見る度に「何故こんなにもすばらしいのか」と思います。

b0151911_1145645.jpg
枝を見た瞬間に、この枝はここだとわかるようです。さっと切って、さっと活け込んでいきます。写真は2015年、パリのローズバッドで撮影。

b0151911_11463161.jpg
技術ではなく、まるで枝とお花の気持ちがわかるような、そんな枝ものの扱い、だから、魔術師。

b0151911_11505530.jpg
実は、昨日の電車が風のせいかすごく揺れ、酔ってしまって、今朝は二日酔い(笑)。ゆっくりと起き、ベッドではちみつ入りの紅茶をいただきながら、「シャンぺトルのすべて」をガン見、気分はすっきり!お花の力だわ~。

b0151911_11532949.jpg
どんなに本を眺めても、読んでも、同じ枝ぶりのものなんてないし、上達しないので、生徒さんたちにも、常に「金沢は枝ものが豊富だから練習してね」と伝えています。

b0151911_11545422.jpg
最初は枝にもて遊ばれることもありますが、シャンぺトルでうまく行かなければ、ブーケロンで…。

b0151911_128385.jpg
こういう枝ものにはブーケロンのほうが合う、あるべき場所にお花が入っていく…その感覚をつかんだMさん、ディプロマコースではいろいろなタイプのブーケを二つ続けて作ることで、経験と体感を積んでいただいています。

b0151911_12122287.jpg
昨日は芦屋で「アビニョンのりゅう」さんのミモザイベントに参加、のちほど詳しくお伝えしますね。旅は苦になりませんが、唯一乗り物酔いしちゃうと弱い。さて、気分もスッキリしたところで、今日のレッスン準備をします。

↓↓↓アヴィニョンのりゅうさんもランキング参加、こちら6位の記事のコンフィチュール絶品よ。
にほんブログ村 花ブログ フラワーアレンジ教室・販売へ
温かい愛をありがとうございます。
[PR]
トラックバックURL : http://loveukrose.exblog.jp/tb/26666369
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by flowersincozyroom | 2017-02-20 12:20 | 生徒さんの作品・生花 | Trackback | Comments(0)