「ほっ」と。キャンペーン

流れを読む!

和の街金沢でパリスタイル!芦屋アイロニー、大阪イグレックフルーリストのこだわりの花材でパリスタイルのフラワーアレンジメントを♪アトリエ・コジー主宰の花綴り&日々の楽しいことつづり

空気を読むのは人間関係ではとても大切なこと、そしてパリスタイルではお花やグリーンの流れを読むことが、とっても大切だと、花修行中に気づきました。

b0151911_715597.jpg
ディプロマ生のキャスケードブーケです。ワイヤーなどを使わず、アネモネをキャスケードにするのは難しいのですが、お花の大きさと共に、茎の流れを読んで組んで行きます。

b0151911_7164026.jpg
初めての横型の投げ入れ、お花の流れ、茎の流れ、両方を見て、茎元もお花も美しく活け込みます。茎は一点に集中する方がいいのですが、この花材では、ちょっと難しかったと思います。

b0151911_7211473.jpg
反対からみたところです。自ら「次回リベンジします」と言ってくれて嬉しかったです。ラフィネ金山幸恵先生のブログなどで美しい投げ入れを見ているので、まだ全部きれいに出来ないのが悔しかったようです。こういう気持ちが嬉しいレッスンでした。

↓↓↓こちら7位のよしおさん、本日からイタリア出張、きっちり仕事して次のチャンスを掴む男、素敵です。自慢のパートナーのブログ、ここクリックでたどりつけます。
にほんブログ村 花ブログ フラワーアレンジ教室・販売へ
温かい愛をありがとうございます。
[PR]
トラックバックURL : http://loveukrose.exblog.jp/tb/26638907
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hairpriori at 2017-02-13 09:57
日本人は
空気読みすぎですかね
by flowersincozyroom | 2017-02-13 07:28 | 生徒さんの作品・生花 | Trackback | Comments(1)