どこから見ても美しいブーケ・ド・マリエを見て思う

和の街金沢でパリスタイル!芦屋アイロニー、大阪イグレックフルーリストのこだわりの花材でパリスタイルのフラワーアレンジメントを♪アトリエ・コジー主宰の花綴り&日々の楽しいことつづり
4月スケジュールはこちらです☆☆☆

先月のyumisaitoparisディプロマコースで作ったブーケドマリエ、ワイヤーなど一切使わず、お花をよく見てブーケに組んで行きます。だから美しい、だから難しい。。。b0151911_7432926.jpg
まずお花を見て、上下のバランスを考え、長さや大きさを決めてネトワイエ(下処理)。花材の配分を間違えず。

b0151911_7442063.jpg
どこから見ても美しくするため、上のブーケ部分はナチュラルに丸く&下へと続け、流れるように形づくる。そして私の体系のようにウェストを作らず自然に(^-^)。先生方の域にはまだまだですが、よくぞここまで作れるようになったものだと思います。基礎を守り、花材によってバランス、配置を考える、すべての基本はブーケロン。

b0151911_7464165.jpg
アトリエコジーでも始まったディプロマコース、いつもは「わーきれいなお花」と、無心で美しいブーケを作る生徒さんが、緊張して力を発揮出来なかった昨日のレッスン。予想外でしたので、今後メンタル面も含めてレッスンしようと思いました。緊張して花嫁さんのブーケがうまく作れない…なんていうことがないように。次回がラストのyumisaitoparisディプロマレッスン、今までと違った視点で受けます!

↓↓↓こちら、不動のTOP、パリ在住の斎藤由美先生、パリからいつも私たちをみてくださってありがとうございます。
にほんブログ村 花ブログ フラワーアレンジ教室・販売へ
温かい愛をありがとうございます。
[PR]
トラックバックURL : http://loveukrose.exblog.jp/tb/25621557
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by flowersincozyroom | 2016-04-04 08:10 | 作品とパリスタイルなど花修行 | Trackback | Comments(0)

テレビ業界からフラワーアレンジメントの世界へ、アトリエ・コジーのブログです


by らぶ
プロフィールを見る